12月 17

 この時期、週末の日暮れ時は何処の道路も大混雑。
 一泊での忘年会と言えば、伊香保温泉がこの辺りの定番だが、当クラブの定番と言えば!民宿「みうら」だだだだ・だ。
 「着いたー!一番乗りー!???」ではなく3番目、因みに1番は民宿在住の会員、2番は一番の会員と共に、山で芝刈りをしてきた副会長。
 一風呂浴びようとすると携帯が鳴る鳴る鳴る・・・電源切ろうかな、そう当クラブ催事時の定番・・「遅れるかも?」「場所が分からない?」「電話してみただけ???」※■×@×▲

 忘年会開始・・・会長の挨拶、相談役の乾杯を経て、早々わいわいがやがや、備え付けのモニターには空物関係の動画が映し出される。宴会名物のマッチョはまだ成りを潜めている、隣りには飼育係りを配備アルコールの供給を制限している様子・・・・ひとまず安心、このまま羊の皮をかぶっていてくれれば・・・
 ただ1人遅刻、最初で最後の会員が入場、場所が分からなかった会員だ。良く言えば場所が分からないのに来られたのだから・・「たいしたもんだ???。」
 出たぁー!!狼だ。・・・何と私の左隣、種類はやはり怪力、ビールの栓を指先で曲げたり延ばしたり何と右手の握力110Kg(嘗ての話)だって!・・・・プロポのスティックがめり込んでしまう。
私はとりあえずほんの少し右側にずれながら思う<コイツに機体を触られたら大変だ!>・・・でも酒癖は良好、良かった良かった。
 声が上がる。・・勿論S隊長だ。「1人づつ今年の反省と来年の抱負でも・・・」鍋の熱で暖まった会場に冷気が走る!なぜなら若い会員がうかつな事を言えば、S隊長のブート・キャンプが待っている。数人に物言いが入ったものの今回はキャンプ開催が見送られた。気のせいか室温が戻ったような・・・・・
 珍しく今回は長老による毎度お馴染みRCヘリ昔話が聞こえてこない・・・・っと思ったら、している自分にハラが立った。(コマジャイロ後期以降)

 目覚めると外は薄っすら雪化粧、道路は問題ない様子。
 朝食を済ませ各々帰路へ・・・・
 今年も、当クラブは色々な出来事があり・・・・そんな事を考えながらの復路走行に混雑はないものの胸の内は複雑であったかも・かも?

 追記  我家の夕食はこの時期定番の鴨南蛮。

Leave a Reply

preload preload preload