11月 29

2010年11月27日(日)に栃木県のハミングバード飛行場で行なわれた、3DXのマニューバ勉強会に、会長の私と監事のOさんで参加して来ました。ネット上では全く掲載されていなかったので、あくまで来年度の検定会発足に向けて、勉強会と行った感じの集まりでした。

今年度やっと始まったと思ったら、その後の活動が停滞気味の3DX(笑)。が、来年2011年度は、今年度以上に活動して、マニューバの検定方向に力を注ぐと行った決定がありました。具体的には、日本独自のマニューバ検定を含む、5クラスの検定を開始。

2つの日本独自のクラス

1、初級

2、中級

3DXのマニューバを基本とするハイクラス

3、スポーツマン

4、エキスパート

5、マスターズクラス

世界で行なわれている3DXそのままでは、難易度が高すぎるといった意見が多かったため、そのクラスの下に日本独自の検定クラスを設け、初級には背面ホバリングなどの3Dの最初のステップになる演技が5種類ほど組み込まれる予定です。3DXクラスは、マニューバ40種類の中から、係数と得点の合計が所定点数の上になれば、合格となる様子。必ず下から受けなくてもよく、飛び級検定も可能。

初級は、練習頑張れば、まあ簡単。マスターズクラスは、日本で何人合格できるの?といったレベルが必要とされる感じでした。詳細は今後発表待ちです。なお検定開催は来年4月、6月、9月。11月の4回をハミングバード飛行場で開催の予定。さらに千葉の方や、その他の地方でも開催を進めていく予定とのことです。

今回は、右田君が検定用のフライトを実際に行ない難易度などに無理がないか?周囲の人がチェックしていました。

何はともあれ、来年度は今年度以上の活動予定が確認できて、とりあえずほっとしました。開催に向けて当クラブも微力ながら力を貸して行きたいと思います。

で、その後はお決まりのフリーフライト!

右田君のフライトは、早くて見えないんだよね〜。この写真やっと撮ったよ。まず地面の位置押さえてから、そこに入ってくるのをちょっと待てば、すぐ地面のそばに…(笑)。練習なのに低すぎるだろ〜。ちょっとあたってもそのまま続ける。どんだけ当てるか最初に決めてから当ててる感じ。じゃなければ、連発は無理だよね。

この角度はあり得ない。この後は… でも!?

さらに凄かったのは、700E。これはヤバい。これも写真のモード変更して、やっと撮った!動きは早すぎで、消えちゃうんだよね。

なんで壊れないのか?不思議! とにかく狂ったように反応して重力無視の世界。F1マシンやスペースシャトル?のようなスペシャル感。

機体を囲んでのヘリ談義は、違う飛行場でも一緒。この右田君のヘリは市販品と同じ。やっぱ腕。

私も時間のあいた瞬間を見計らい、ミニチュアエアクラフトのFury(フューリー)90にV-Bar5.0 を装着したスタビレスで、フリーフライトしました。腕はともかく、環境抜群の飛行場で飛ばすと気分も最高(笑)でした。

なお検定希望の方は、正式アナウンスを待ってくださいね。

皆さんおつかれさまでした。

11月 20

会員専用ページに掲載してあります。

内容確認の上、返信してください。

preload preload preload