2月 24

いやー、今日も2月とは思えないほど暖かい良い天気でしたね。曇り空でしたが、時折日差しもあり、午後になっても風がほとんどない絶好のヘリ日和。しかも最終兵器登場!

あれ?違った。これは、Oさん。先日購入したばかりのJRのエアスキッパー50タイプ2PRO(2010)をテストフライトを繰り返していました。あまりに調子が良いので、プロポをパスされ、少し飛ばさしてもらいましたが、ものすごく良かった~。操作がすべて精度高く反映される感じかな。安定していて、舵も切れるし、操作に隙がない、ピシッとしている感じがしました。

あと0度ピッチ付近のフリクションの少ない感じも印象的。精度が高くロスが少ない。ホバリングだけでも楽しめますよ、これは。やっぱりコストをしっかりかけたパーツは、違うんでしょうね。普段海外ヘリばかり飛ばしているので、違いが分かったのかも。

あんまり暖かくて、せっかくのジェットヒーターも不発。

でも私のスタビレスFuryは大復活。ガバナー使っていなかったんですが、ピッチカーブを遠慮しすぎていたみたい。0度付近をかなり上げたら、納得のパワーが出るようになりました。それでもT-REX 700には到底及びませんが。

と、前振りはここまで。その後S隊長が合流して、今シーズンの高崎RCヘリクラブの最終兵器が到着したので自宅にご招待となりました。いってみるとありました。ジャーン!

河川敷専用一人乗りレーシングマシン。 だって名前がこれですよ。

「草刈・F1まさお」もちろんバリバリの新車。4WD、V型2気筒、スバルエンジン搭載。

リアカウルもまるでF1マシンさながらです。もちろん水冷エンジン。チルトステアリング搭載。座席のダンパー?調整も出来ます。エンジン音もフェラーリサウンド(嘘)。ちなみに、コックピットはこんな感じ。

操作部分が多いので慣れるまでは大変ですね。

早速シェイクダウン、ドライバーはもちろんこの方、S隊長

満面の笑みです。この巨大なボディーですから、草刈り面積は、今までの自走式と段違いです。スピードも速いし、草刈のための機能のために、こんなデザインにするなんて、日本ってすばらしいですよね。毎年へリポートの草刈は、あまりの暑さのため、いつか死者が出るんじゃないかとヒヤヒヤしていましたが、今年はこれで一安心です。ただ輸送は軽トラックが必要です。ヘリポートには置いて置けませんから。ちなみに300㎏以上の重さがあるそうです。

S隊長

伸びるもんなら、伸びてみろ!草~!「F1まさお」が黙ってないぞ。

ご協力感謝いたします。

2月 10

2011年5月15日(日) 高崎RCヘリクラブ飛行場で、「3DX Japan 検定会』が行なわれることが決定しました! 昨年行なわれた3DX Japanの大会同様、世界レベルのマニューバ以外に、難易度を下げた検定内容あり。3D初心者が参加しやすい大会です。現時点での決定事項は以下の通りです。

もちろん誰でも参加可能です。群馬や近県フライヤーの方、ぜひとも参加を検討してください。

日本3DX協議会の2011年度の活動は次の通りです。
① 2011年度3DX-J活動予定
3DX-J検定会
・4月17日(日曜日)  千葉県(You-Port木更津)
・5月15日(日曜日)  群馬県(高崎RCヘリ・クラブ)
・7月24日(日曜日)  千葉県(東庄町利根川河川敷町民広場)
・9月18日(日曜日)  未定

3DX-J ファイナル
・11月20日(日曜日) (栃木県ハミングバード宇都宮飯山飛行場)

② 3DX-J検定会

時間・・・・・・・AM9:00開始  PM3:00終了
参加費・・・・・2500円 (フリーパス 1日有効)時間が許せば何回でもチャレンジ可能。
・トレーニング検定(A~D)
・3DX検定(40種目)
・ステージⅡ出場者の選考
参加資格・・・RC保険加入者 (全ての事故は参加者の個人負担となります。)

○内容

トレーニング検定(A~D)・・・・必須科目とし参加者全員がA検定からスタートします。
3DX検定(40種目)・・・・・・・係数(K点)の低い種目から受験することが望ましい。
ステージⅡ出場者の選考・・・3DX-Jファイナルで、ステージⅡ(エキスパート)
から出場する選手を主催者の推薦で選考します。
・音楽なし フリースタイル・3分間
・高度制限1.5mあり

・トレーニング検定(A~D)の説明
3DX検定は「係数 K-1」でも難しいため、その前に「トレーニング検定」を実施します。参加者の間口を広げるためと、3D検定を受ける方の技量を見極め会場の安全を確保しなければなりません。そのため参加者全員が「A検定」から始めます。

(A検定)・・・①離陸 ②ホバリング ③前進10m ④後進10m ⑤ホバリング ⑥着陸

(B検定)・・・①離陸 ②ホバリング ③前進10m ④1回転ピルエット ⑤上空旋回飛行⑥ホバリング ⑦着陸

(C検定)・・・①離陸 ②ホバリング ③ループ ④ロール ⑤180度エルロン・フィリップ
⑥背面ホバリング10秒(高度10m以上) ⑦180度ダウンフィリップ ⑧着陸

(D検定)・・・①離陸 ②ホバリング ③3回転ダウンフィリップ(高度10m以上)
④バック飛行20m ⑤サイド飛行20m ⑥1回転バックロール ⑦180度ダウン・フィリップ ⑧1回転背面ピルエット ⑨180度エルロン・フィリップ
⑩着陸

備考・・・・・・・検定合格者は日本3DX協議会のホームページにて発表します。また、3DX検定で合格した種目の「係数合計ランキング」(上位10名のみ)を考えています。

・検定時の助手について
一人で来場されても検定が受けられるように検定時の演技コール(助手)は運
営側のアナウンスにより行います。

・3DX検定(40種目)について
係数(K点)の低い種目から受験することが望ましい。また40種目の一部は2年毎に改正します。

・飛行エリアについて
フライヤー(選手)を中心に左右120°の範囲が飛行エリアです。これを越えた場合には失格(演技停止)となります。またフライヤーから5m以内は「イエローゾーン」とし、進入した場合には速やかに退去してください。

・安全について
十分に整備された機体で出場してください。また十分に練習を重ね検定会に臨
んでください。

詳細は3DX Japanのホームページ

内容等は、まだ変更の可能性ありますので、随時お知らせします。

preload preload preload